都市伝説・・・奇憚・・・掲示板 4001241


怖い話投稿掲示板

1:管理人 :

2011/06/07 (Tue) 20:54:32

体験談以外の怖い話専用投稿掲示板です。
306:さるみ :

2014/09/30 (Tue) 11:16:42

先日近くのお豆腐屋さんの横を通った。
するとお豆腐屋さんは取り壊しの真っ最中。
こちらの通りに面した壁はなくなり中が見えていた。
かすかだが何かが腐ったような臭いがしたので、何かあったのかな、
なくなるなら豆腐買っときゃよかったな、なんて思いながら家に帰り
母にあそこにあった豆腐屋さんが取り壊されたよと話した。

今日その道を通ったらいつも通りその豆腐屋さんがあった。
壊された跡など微塵もなく普通に営業していた。
昔からあるお店なので外壁が新しくなったりしたらわからないはずがない。
念のため母に聞いてみたが私の話を憶えており、夢でなかったのは間違いない。

307:しろ :

2014/11/12 (Wed) 21:18:12

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:02:35.62 ID:Km0wx4Mw0
呪い/祟りに勝った話をしていく

呪いとは、要するに地神様(?)みたいなのの
祟りにあったけどなんとか生き延びたって話

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:02:56.57 ID:Km0wx4Mw0
祟ってか在り来りな地方の言い伝えで、
行っては行けない所に/してはいけない事を
してしまったのが事の発端でした。

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:03:21.97 ID:Km0wx4Mw0
当時小学2年の時に
夏休みを利用して母方の実家に帰省していた時に
遊ぶものも無かったから、婆ちゃんと爺ちゃんに
近所の子供がいる家を色々と紹介してもらい、地元の子5人
と遊んでいました。

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:03:49.08 ID:Km0wx4Mw0
仮にA~Eとします。
出会った頃の印象
A男♂ガキ大将、色々とデカい、3コ上
B男♂無口、背が低い、2コ上
C子♀普通の子、同い年
D男♂よくしゃべる、同い年
E子♀可愛い、活発、同い年

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:04:15.95 ID:Km0wx4Mw0
良く5人とは朝弁当持って川に行って遊んで弁当食って
山行って遊んで夕方まで家には帰らず遊んでいました。
そしてある日の夕方にA男が探検に行こうと言うので
長い階段を登った上にある神社に探検にいくこととなったのです。

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:04:36.81 ID:Km0wx4Mw0
まぁ探検と行っても神社に行って丁度いい枝を見つけては、
アバンスラッシュwwwwwwww
とかやっていただけなんですが
夕立が振り始めたので5人して神社の床の上(?)に上がって
くつろいでいたのですが、D男が奥の神様祀ってる所(?)に入って
みようと言い出し皆で行ってみることになりました。

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:05:14.43 ID:Km0wx4Mw0
C子とB男だけは絶対行きたくないとダダを捏ねるので
C子とB男以外行くこととなりました。
(正直自分も行きたくなかったですが、E子のことを好きに
なっていたので良いところをみせようとしました)

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:05:37.83 ID:Km0wx4Mw0
いってもそんなに遠くなく、A男がその場所の扉を開けると

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:05:59.36 ID:Km0wx4Mw0
何も無かったです。
本当に何も。
扉に、しめ縄していたので大層な物があると
思っていたのですが半ば残念。半ば怖いものが無くて良かった
の気持ちで後ろ(C子とB男が残っている所)を向くと
C子とB男が顔面蒼白・C子に至っては泣いていました。

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:06:20.58 ID:Km0wx4Mw0
急いで二人の元に戻ると
いつもは無口なB男が急いで喋り始めました
言葉になって無かったので要略すると
ヤバい。とりあえず急いでここを降りよう
とのことでした

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:08:04.71 ID:SqVf2tI20
>>24
余計分からんわw

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:08:13.98 ID:Km0wx4Mw0
>>24
E子wwwww

とりあえず、長い階段を降りて(途中自分はこけました)
下の道路沿いの広場でC子とB男を落ち着かせて
詳しい内容を、聞くことになりました

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:08:49.00 ID:Km0wx4Mw0
C子は泣きまくって話にならず
B男も普段声帯を使って無いせいか支離滅裂
要略すると
祀ってある(?)所を開けた瞬間に
中から大きな目が覗いていたのを見たと

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:09:14.79 ID:Km0wx4Mw0
もちろん4人にはそんなモノも見ておらず
2人して自分らを騙しているのではないかと
言うことになり、解散

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:09:45.55 ID:Km0wx4Mw0
その晩、問題発生
今考えると在り来たりだけど
C子の親御さんからC子が帰って来ていないと電話があり
婆ちゃんに今日はどこに行っていたのかと聞かれた

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:11:03.79 ID:Km0wx4Mw0
自分は何かいけないことをしたと思い
知らないと一点張りを貫いた
だが、田舎のネットワークとはすごいもので
すぐに5人の親から連絡があり
今日自分らが神社に行ったことがバレてしまった

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:11:29.25 ID:Km0wx4Mw0
爺ちゃんにこっぴどく叱られ
とりあえず婆ちゃんに自分の面倒を見させて
爺ちゃんは5人の親と例の神社にC子を探しに行くことになりました

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:12:26.20 ID:Km0wx4Mw0
残った自分は婆ちゃんに今日来た衣類を脱がされ
全身に水を掛けられて(今思えば酒と塩を混ぜたのだったかも)
衣類を家にあった一番デカい人形(プーさんのぬいぐるみ)
に着させて、玄関の前に置いてきました

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:12:50.60 ID:Km0wx4Mw0
ビビリ上がっていたのですがそこは子供
すぐに婆ちゃんの膝枕で寝てしまい
次の日帰る予定の無いのに母と父が家にきて
爺ちゃんになにやら説明を受けていました
その場に自分もいたのですが、
○自分は22歳まで生きられないかもしれない
○なんとか様の社を開けてしまった
○C子はもう連れて行かれた
○次はおそらくB男
○身代わりは連れて行かれた
○3ヶ月にたった後の22日の日にきて神社に着ている衣類を何かに着させて持っていく
○上記を3ケ月毎続ける

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:13:15.70 ID:Km0wx4Mw0
との説明で母泣き、父は困惑していたのを覚えている
特に怒られ無かったことで安心しきっていた自分は後々事の重大さに気づきました

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:13:36.95 ID:Km0wx4Mw0
その後は、3ケ月毎に神社に行くことになるのですが(母方の実家は車で2時間ほどです)
最初の神社へ行った時にB男が亡くなったことを知らされた

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:14:03.56 ID:Km0wx4Mw0
次は中学に上がってからD男が
高校3年の時にA男が
死因は全部違います

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:14:17.56 ID:SqVf2tI20
C子もB男も入ってないのに?

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:14:24.57 ID:Km0wx4Mw0
で、半年前に22歳の誕生日を向かえ
呪い/祟りに打ち勝ったと言う訳です
22歳になるまで結構ケガで入院をしましたが
なんとか生きてます
E子も生きています

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:16:12.57 ID:Km0wx4Mw0
一応半年の中で色々と神社の謂われとか自分で調べたりしました
質問あったら答えられる範囲でこたえるよ

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:17:05.76 ID:Km0wx4Mw0
>>45
これに関しては
害なるものを直接見てしまったから
なのではないでしょうか?

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:17:57.42 ID:SqVf2tI20
>>50
結局正体はなんだったの?

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:22:58.75 ID:Km0wx4Mw0
>>53
その地区には昔から
水害が絶えなくて
水害を抑えるために
水害が起きて増水した川に一家全員生贄みたいに
していた時が有りその鎮魂の為に神様を
祀っていたみたいなんですけど
いつからか呪いみたいになったみたいです

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:26:50.71 ID:p8pEHlTJ0
何したら助かったの?

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:30:49.06 ID:Km0wx4Mw0
>>72
3ヶ月に一回の服とぬいぐるみ生贄位?

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:32:57.66 ID:8V1o3ynZ0
>>77
おまいの匂いが付いてるから身代わりにするため
もしくは目が覗いてたから視覚的な身代わりだと思われる

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:34:46.12 ID:4vv2IIh20
君以外の5人は3ヶ月毎に神社に行かなかったの?

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:36:20.40 ID:Km0wx4Mw0
>>82
なるほど
ちなみに不思議とすぐお供えしたモノはすぐなくなってた

お供えして神社に財布忘れたから翌日取りに言ったら
財布だけ残ってた

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:37:21.54 ID:50buyUF50
服着せられたぷーさんはどうなったん?
次の日にはおらんくなってたん?

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:40:53.92 ID:Km0wx4Mw0
>>86
行っていたよ
怖いから大体昼間に行ってたから
暗黙の了解で、何時に神社にって感じだったし
そこで、一人遠くに住んでいる自分は誰が死んだとかも聞いた

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:42:29.80 ID:4c9J7YS/0
怖いんだけどwwwひぐらしみたいだな
釣りだって言ってくれよ

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:42:37.51 ID:Km0wx4Mw0
>>89
そう言えば
事件の翌日に
爺さんが婆ちゃんにぬいぐるみはちゃんと置いたかとか聞いてたな
つーことは爺さんが帰って来るときにはもうぬいぐるみは無くなっていたことってことか

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:46:16.75 ID:Km0wx4Mw0
>>93
D男が死ぬまで自分も釣りだって思ってたよwww
いや思いたかったのかな
D男が死んだって聞かされてから
本当に地獄の日々だったよ

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:51:43.27 ID:4c9J7YS/0
みんな同じぬいぐるみの生贄のやつやってたの?
なんで>>1だけ助かったんだ

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/22(木) 23:57:58.76 ID:Km0wx4Mw0
>>102
みんなやっていたよ

E子も助かってるけど
共通点としては
E子は高校をちょっと離れた所で
寮生活していたので
地元から離れていたくらいかな?

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/23(金) 00:39:38.18 ID:BOU9bTbL0
嫌だな~嫌だな~怖いな~

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/23(金) 00:44:50.32 ID:A8tuEWbyO
>>170
稲川さん乙

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/23(金) 00:52:39.75 ID:A8tuEWbyO
>>178
乙!幸せになってくれ!

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/03/23(金) 00:59:16.59 ID:Rj4Pv5xmO
子供出来たとき気をつけろよ
時間なんて関係ない
308:しろ :

2014/11/21 (Fri) 23:11:30

数年前ニートの弟が両親殺した

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 22:52:13.34 ID:bT8h8Wck0
数年前、ニートの弟が両親頃した。

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 22:53:03.83 ID:bT8h8Wck0
立ったらお話します。
と言うか命日近づいて心苦しくて…聴いて

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 22:53:26.28 ID:F45P0u+o0
セックスしたことある?

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 22:56:18.72 ID:bT8h8Wck0
ニートも俺もあるよ

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 22:58:00.59 ID:F45P0u+o0
語られ

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 22:59:36.92 ID:aOY0zInn0
待ってるよ

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:01:45.36 ID:bT8h8Wck0
書き溜めもしてないし遅くてごめん。
ニートが不登校になったのは、ニートが中学一年の秋でした。
色々言ってたけど、兄の俺が要約すると「部活の上下関係と同級生とうまくいかなかった」との理由だった。

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:04:43.83 ID:bT8h8Wck0
ありがとうございます。
俺は剣道部に入ってて、全国大会で準優勝したりしていた。クラスでは今思えばぼっちだったけど、成績も良くて、生徒会長(投票と言う名の押し付け)やったりしてた。
三歳したの弟は、そんな俺を誇らしく思ってくれて、剣道を始めた。

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:06:38.11 ID:bT8h8Wck0
俺が高校生になった時、弟が中学に上がって剣道部に入った。
他の部員には、おそらく弟が部に入るだろうと思って、よくしてくれるよう伝えておいた。

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:08:45.55 ID:bT8h8Wck0
だけど弟は、中学デビューをやらかそうとして失敗した。
俺の地元はクッソ田舎で、当時も少なかったけどリーゼントの長さでいけてる度合いを図る輩がいた。所謂DQN。ちなみに8年前の話だ。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:09:24.99 ID:bT8h8Wck0
…需要、ない?

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:10:56.73 ID:F45P0u+o0
見てるから

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:11:13.82 ID:GLLsUIgR0
見てるぞ
ゆっくりでいいから書いてけ

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:12:08.92 ID:a6uU5zUW0
みてる

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:13:53.44 ID:bT8h8Wck0
ありがとうございます…
弟は全長30㎝近いリーゼントで入学した。当然改造制服で。しかしリーゼントのお陰で面が被れず、俺の後輩達に相当しごかれたようだ。

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:15:04.48 ID:bT8h8Wck0
次の日、奴は部活をやめた。俺の影響でどうたらこうたら、一年で中々のポジションにさせたくせにだ

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:18:51.54 ID:bT8h8Wck0
弟は、俺のせいで自由な中学ライフが潰されたと言った。二ヶ月前に「兄ちゃんと同じ部活で楽しい学校生活送りたい」とかいってたのだがどうも良く聞くと、地味な基礎練習とか、練習場所をめぐる地味な場所争いとかを全く想像していなかったようだ。
突然大会に出て、俺と同じかお礼状の成績を残せると思っていたらしい。

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:22:40.28 ID:bT8h8Wck0
お礼状=俺以上です。すみません
弟は俺を尊敬してるんだか見下しているんだかよくわからなかった。たぶん俺をよく褒める父と、弟を過保護にする母との間で自分の立ち位置がわからなくなっていたのかな、と今では思う。
俺がぼーっとしている間に弟はスペシャルDQNに、俺はそこそこの高校に進学した。

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:20:27.35 ID:GLLsUIgR0
いきなりスターになれると思っちゃったのか・・・
下積み時代とかも大事ってことわかってほしかったな

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:27:08.78 ID:bT8h8Wck0
>>18
当時の弟に聞かせたい。俺も説明したけど、わかってもらえなかった。もっとわかるように説明すれば良かった。

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:31:00.01 ID:bT8h8Wck0
俺は高校でも剣道部にいた。だからこそ弟が部活やめたのに部にちょいちょい顔出したり、部員(俺の後輩だけど奴の先輩)にいじめをしたりしているのをきいていて、とても胸糞悪く思っていた。
家で顔を合わせることはほとんどなかった。弟は母子家庭の母不在みたいな女の子と付き合っていて、GWあたりにはもう家に帰らなくなっていた。

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:34:03.42 ID:bT8h8Wck0
両親は厳しかったけど俺たち兄弟の考えを尊重してくれるひとたちで、割と自由にさせてくれていた。だから、弟が彼女の家に入り浸っていても特に責めたりせず、彼女にご飯食べにおいでとか言う親だった。
でもそのフレンドリーさが弟には気に食わなかったらしい。

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:36:56.85 ID:GLLsUIgR0
なんだろう
こういう風になるのって愛情不足なのかな
普通の家庭っぽいけど

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:57:04.69 ID:bT8h8Wck0
>>25
愛情…少なくとも俺は足りてました。

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:40:32.90 ID:bT8h8Wck0
弟は、中1の夏休み前に、リーゼントなのにヤンキーなのにぼっちという特殊な状態になっていたらしい(彼女は塾で出会った別の中学の子)
なので暇を持て余して剣道部にちょっかいだしたり、
教室で授業中にオナニーしたりしていた(最初は冗談かいじめかと思ったら、中1の臨海学校で精通していなかった同級生をバカにするために先生の前でオナニーして英語の女教師にぶっかけたらしい)のだが、
剣道部の後輩からクレームがはいって、いよいよちゃんと怒ることになった。

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:44:49.12 ID:bT8h8Wck0
ヤンキー気取りの弟、俺のメンツはどうでもいいけど後輩に迷惑をかけた弟が許せなくて、そんな弟に暴力で支配されてる彼女にも腹が立って、二人を呼び出した。
もし俺が割れを忘れてボコボコに殴っても止めてくれるよう、家の庭に呼び出した。弟はDSのゲームがどうこう言ってたけど関係ない。玄関に到着した時点で彼女後と引きずった。

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:47:41.37 ID:bT8h8Wck0
弟の彼女は泣いていた。弟を殴らないでと。そこにたまたま俺の当時の彼女がきた。俺の彼女は俺の一個したで剣道部、あるいみスネークだった。当然俺の味方で、弟の彼女を諌めて、縁側まで兄弟対決を見にきてくれた。

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:49:08.04 ID:GLLsUIgR0
> 先生の前でオナニーして英語の女教師にぶっかけたらしい
ヤンキー君ぶっ飛んでんな・・・

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:57:34.97 ID:bT8h8Wck0
>>29
基地外としか思えないです

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:50:36.88 ID:mp2Ip8Lo0
俺は弟がひきこもりになってDQNじゃなくてヲタクになった。そして数年後俺がヲタクになった。血は争えないなとおもった。

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:58:47.71 ID:bT8h8Wck0
>>30
誰も傷つけないって、凄い生き方だと思います。親御さんを大事にしてください。

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 23:52:55.68 ID:bT8h8Wck0
弟は俺にいきなり殴りかかってきた。剣道バカの俺に、素手なら勝てると思ったのかもしれない。ゆっくりしたパンチだった。
そのパンチを掴んでねじって、でも利き手を痛めたら後で面倒だと思って左肩を極めた。ギギギ…パキンて音がして、弟は鼻水と涙を流しながら謝ってきた。
まずは弟の彼女に、次におれの彼女、次に俺に謝罪をさせて、親にも謝らせるように約束させた。彼女たちには帰ってもらった。

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 00:07:38.59 ID:r1Ywa5kt0
彼女たちが帰って、俺たちはリビングでお茶を飲んでいた。どうしてこうなったのか、彼女たちや親以外に謝る相手がいるんじゃないか(迷惑かけた相手がいるでしょ、みたいなかんじで)聞いてみた。
弟の懺悔大会が始まった。
剣道をばかにしたこと
俺の後輩を好きになって、でもうまくいかなくて処女レイプしたこと
レイプした後輩をいじめたこと
レイプした後輩の彼氏をいじめたこと
親の財布から金盗んでること
俺のお年玉貯金全額使ったこと
彼女の親の財布から金盗んだこと
同級生を20万円くらいゆすってること
彼女が生理遅れて、腹蹴飛ばしたら血が出て救急車のお世話になったこと
…他にもいっぱいあったけど、この辺で俺の気が遠くなって覚えてない。
根性がどうこうより、生まれながらのクズなのかなと思った。

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 00:11:51.23 ID:WDj99F+Q0
ちょっと人間とは思えないやつだな・・・

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 00:14:00.36 ID:r1Ywa5kt0
>>37
なかなか、現実として認識できませんでした…やっぱり他の人がみてもクズですよね…

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 00:12:54.15 ID:r1Ywa5kt0
弟の告白はなかなか現実として頭に入って来なかった。
しばらく、両親や彼女からしょっちゅう「どうしたの?」と心配されるようになった。
夏休み前、俺の高校は通信簿を渡すのと三者懇談が一緒のイベントで、何故かウチだけ両親が仕事を休んできてくれた。
帰りに父が外食に誘ってくれて、大好きなとんかつをご馳走してくれた。とんかつを三人で食べながら、俺は弟だけいないのがかわいそうだな、一緒にみんなでとんかつ食べたかったなと思った。

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 00:20:28.90 ID:r1Ywa5kt0
とんかつを食べながら、父に弟のことをあれこれ聞かれた。弟の肩があり得ない脱臼のしかたをしていたのでやっぱり不審に思っていたらしい。
親が聴いたら悲しむだろうところは端折って話した…そしたら父親が激昂して、結局全部話す羽目になって、それで相手方に謝りに行こう、弟を連れて行くために探そう(このころ弟は彼女の家やパチンコ、ゲーセンに入り浸っていた)という話になった。
弟はすぐに見つかった。ゲーセンで競馬のゲームをしていた。

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 00:34:54.80 ID:r1Ywa5kt0
父はギャンブルが嫌いな人だ。ゲーセンってだけでも、家族で行ったことはほぼゼロだった。競馬のゲームの台にいた弟を、首がグルンて回るんじゃないかと思うほどの勢いでぶんなぐった。ちなみに父は極真空手の人だ。
母と俺は「わぁ!なぐりよった!」て見てた。ゲーセンの店員さんが駆け寄ってきたんだけど「うっとこのボケやらガキばっか遊ばしよってメシ食ってるダニは黙っとけ!」って結構ひどいこと怒鳴りつけて、鼻血垂れて気絶してる弟をズルズル引きずって車で連れて帰った。

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 00:35:30.42 ID:WLjdmyrz0
ROMってる。肉親の>>1には悪いが、弟がクズ過ぎてコメントできない…

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 00:36:39.32 ID:r1Ywa5kt0
>>48
ありがとう。屑はもう俺だけなんだ。安心して叩いてくれ

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 00:37:36.49 ID:zx2oYlD+0
見てるから心配すんな

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 00:38:20.51 ID:3jYDApn5O
何かレスしたくても言葉が見つからん
ゆっくり書いてくれ

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 00:44:22.59 ID:r1Ywa5kt0
家に帰ったら地獄が始まった。
弟は後ろでに肘と肘を両手でつかんで正座のポーズ。俺たち家族はリビングのソファ。
俺が父に話した一つ一つを暴く裁判。認めても認めなくても容赦なく父は殴ったし、蹴った。
父は人を傷つけることを子供に絶対させないように俺たちを育てた。なのになぜかこうなった弟…言い訳も全部人のせいで自分は悪くなくて、お金を盗まれた相手が油断したのが悪い、そこに財布があったら誰だってそうすると宣った弟。
途中から父に殴られるためにわざと言ってるのかと思うほどだった。弟がしゃべるたび、反省の色が見えなくて頭に血が登る両親と俺。
日付が変わった頃、反省しろ、明日また話そう、と父が弟を解放した。

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 00:52:34.17 ID:r1Ywa5kt0
それから一二ヶ月、秋から冬にかけて弟は完全引きこもりニートになった。離れに住んでる祖母と母屋に両親、俺たち兄弟の五人家族だったんだけど、弟が無理やり祖母を母家に移して、離れに弟が引きこもる生活が始まった。
母屋にいた時は弟が夜出かける音がして目が覚めてたけど、離れに住むようになってからバイク(無免許原付)の音もしなくなっていた。それとなく後輩に聞いたところ、ゲーセンで父にボコボコにされてる姿を見た別のDQNに見られていて、ハブられたらしい…。
弟は離れに引きこもり、1月15kgくらいのペースで太って行った。

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 00:58:38.30 ID:r1Ywa5kt0
冬が近くなってきた11月の22日夜中、ドカンという家の揺れで目が覚めた。柱を大きな木槌で殴ったような音、とそんな音聞いたことがないのに思った。
ばあちゃんの悲鳴が聞こえて、ドゴッていうくぐもった音で中断されて消えた。
俺は直感的に、ああ弟がついにきたかと冷静に思いつつ、ドン!ドガッ!ガンッ!という音が近づいてくる気配に耳をそばだてた。

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 00:59:28.73 ID:E5CeSIgE0
ドンだけ重いんだよ

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:04:35.15 ID:r1Ywa5kt0
>>62
当時弟は80kgくらいでした

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:03:16.51 ID:r1Ywa5kt0
弟は、蛇行しながら俺の部屋に近づいているようだった。
ドン!ドガッ!階段のあちこちに木のハンマーを当てながら、ひきずるような足音が近づいてくる。
両親は、祖母は生きているだろうか、もし皆しんでいたら俺はこの先どうしたらいいんだろう。正当防衛…このころ過剰防衛で逮捕された人がニュースに出ていた。
心臓がバクバクいうのを通り越してバババババとドクドクドクドクの間みたいな音を立てていた。
俺の部屋の前で、足音が止まった。

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:04:38.60 ID:E5CeSIgE0
これまじかよ

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:07:36.66 ID:r1Ywa5kt0
>>69
釣りで、家族がいたらどんなにいいかと思います

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:08:56.08 ID:CTtQv6zw0
元気だせ

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:11:12.72 ID:IKgPBZi1O
怖えぇ・・・同じヒキニートだとは思えない

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:12:10.14 ID:r1Ywa5kt0
俺の部屋は、簡単な鍵のついたドアがしまっていて、弟の姿は見えなかった。
ベッドでぶるぶる震えながら、俺は助かる、俺は助かると思い込もうとした。
部屋の前で、はぁはぁ荒い息の音がする。俺の息の音かもしれない。だとしたらドアの前には誰もいなくて、俺がただ息を荒げているのかもしれないと思った。
次の瞬間、ドン!とドアが鍬で破られた。

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:12:47.38 ID:E5CeSIgE0
ぎゃー

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:14:51.64 ID:1tpku0wg0
鍬はあかん

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:16:29.02 ID:3jYDApn5O
なんか悲しいな…

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:18:21.74 ID:r1Ywa5kt0
ドアの向こうは廊下で、窓から月明かりに照らされた弟がシルエットで見えた。
俺は何と声をかけたものか頭を回転させて、思いつきで「○○ちゃん(弟の彼女)がかなしむよ」とできるだけ冷静に話しかけた。と同時に枕元の家電の子機(当時は携帯通話が高かったのです)から110番を押した。
映画で見たみたいに、相手をなだめながらこちらの居場所を伝えようと思ったのだが、予想以上に大きな声のオペレーターが電話に出た。
ああ俺ここで死ぬと思って、おしっこ漏らした

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:19:36.28 ID:E5CeSIgE0
オペレーター馬鹿すw

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:20:46.10 ID:1tpku0wg0
今書いてるの弟なんじゃね・・・?

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:22:10.16 ID:WDj99F+Q0
>>97
いやあああああああああああああああ
ゾワッっとしたわwww

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:22:12.97 ID:CTtQv6zw0
>>97
怖いこというなよ…
おい…

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:33:03.18 ID:r1Ywa5kt0
「事故ですかー、事件ですかー!もしもーし!事故ですかー、事件ですかー!もしもーし!事故ですかー、事件ですかー!もしもーし!」
オペレータの声と、弟の上下する肩がシンクロしてた。俺はもうここで死ぬんだ大丈夫だ(?)と思った瞬間、それまでヒューヒュー喘息みたいな落としかしなかった喉から、震えてたけど大きな声が出た。
「事件です!弟が家族を殺して回ってます!僕の目の前で鍬持ってます早く助けて!!!!!」
…パチ、という音がして部屋が蛍光灯の電気で照らされた。弟は何も言わず、部屋の電気のスイッチをいれたらしい。
返り血と、白いおぼろどうふみたいな欠片にまみれた弟が立っていた。
弟は右手に鍬を、左手に鎌を持っていた。こちらを、目をかっぴらいたままニヤニヤ(矛盾しているけどそうとしか言いようがない)しながらみつめていた。
唇をしきりに舐め、瞬きを異常な回数していた。
何分見つめあったかわからない。
遠くからパトカーの音が聞こえた。弟はまだこちらを見ている。パトカーの音が止んだ。弟はまだこちらを見ている。
何とも言えない間のあと、弟は
「さようなりっ!!!!」
と絶叫して両手で握った鎌で、首をかっ切って倒れた。
…失神とか、できなかった。

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:35:08.21 ID:E5CeSIgE0
さようなりか…

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:35:08.47 ID:WDj99F+Q0
>>106
超怖い超怖い、けど
> 「さようなりっ!!!!」
ここで吹いた

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:38:33.72 ID:YouiUmpf0
>>1が竹刀で戦うと思ってた

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:40:08.49 ID:WDj99F+Q0
>>120
俺もそれちょっと期待してた

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:40:52.00 ID:E5CeSIgE0
弟さんも何かが狂っちゃったんだろうな

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:46:28.77 ID:r1Ywa5kt0
警察の人は、土足で家に上がってきた。
「生きてる人いますか!?」
とか結構ひどいこと言いながら俺の部屋までズカズカやってきた。
俺がベッドで(漏らして)ないていたのと、凶器を持った人間の死体が部屋の入り口を塞ぐように倒れていたので、俺は保護される形で警察に連れていかれた。
祖母や両親、弟の身体は、たぶん見たんだろうけど覚えてない。
この件は全国紙にも載ったし、ニュースにもなったらしい。
来年結婚が決まって、相手の親になんて説明したもんか悩んで、正直に話そうと思って頭整理するためにスレ立てたら存外怖い話みたいになっちゃった。ごめんなさい。
はじめてのスレ立てでしたが、おまいらの暖かさが沁みました。
彼女にもこの話をしていなかったので、勇気を出して明後日、新聞の切り抜き持って親御さんに挨拶に行ってきます。
みんなありがとう。
この件で警察の人に「どんな人間も、死ぬ時はわからないけど生きてる時は幸せでいる権利があるんだよ、負い目は感じちゃいけないよ」と言われたのを思い出しました。
こんな怖いスレに付きあってくださった皆が幸せになります様に。
ではまた

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:48:43.48 ID:WDj99F+Q0
>>127
警察いいこと言ったな
ちょっとはスッキリしたか?
おまえは幸せになれよ

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:50:23.82 ID:CTtQv6zw0
>>127
元気だせよ!
俺たちなら大丈夫!
>>1が幸せになれてよかった!
弟の分も、>>1が生きるんだ!

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:50:37.41 ID:YouiUmpf0
>>1
彼女と幸せに

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:50:43.74 ID:1tpku0wg0
彼女に先に話せよ

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:50:50.27 ID:yUcUXxbxO
いい兄貴やなあ

135 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/11/22(火) 01:51:02.08 ID:bAwKY6r60
これ、実話なのか…
凄まじすぎるぞ

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 01:54:37.62 ID:EWFF/zeh0
幸せわけてやるよ。
だから幸せになれ。
309:しろ :

2014/12/02 (Tue) 22:20:30

毛布にくるんだまま

561 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/05 14:06:35
隣に住むおばさんはチョット変な人(精神を病んでるっぽい)だった。
息子夫婦が共働きなので、子供(当時2歳くらい)の面倒をみているのだが、
ある日、その家から壮絶なほどの子供の泣き声が。
なかなか泣き止まず、家の前には近所の人が集まってオロオロしていたが、
やがて泣き声は止み、みんなもそれぞれの家に散っていった。
俺も部屋に戻ろうとしたが…よく聞くと、まだ微かに泣き声が聞こえる…ような気がする。
後日親が仕入れてきた情報だが。

その日、熱湯を謝って子供にかけてしまい、焦ったおばちゃんはとりあえず毛布にくるんだ。
それでも子供は泣き止まない。
あやしてもあやしても泣きやまない。
家の外からは人の声がする、、、どうもこの子が原因らしい。
とりあえず、布団を上からかぶせて声が外に漏れないようにした。
そして、そのまま息子が迎えにくるまで毛布にくるんだまま放置した…2時間以上もの間。

子供の火傷はひどく、皮膚移植をしたが顔から身体にかけてひどい引き攣れが残った。

今も通院しているが、両親は共働きなため、そのおばちゃんのもとで昼間は生活している。
ちなみにこの子、女の子。

562 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/05 14:23:05
>>561
ひどいよ・・・
それでも、まだおばちゃんのところにいるの?
親も頭おかしいの?
564 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/05 14:49:43
>>562
何か知らんが、未だに子供を預け続けてるらしい。
ちなみに、ここ、結構金持ちなんだよね…
おばさんの旦那(故人)は大学教授で、おばさんも女子校の教師やってたらしい。
んで、息子も大学で助教授やってて、息子の嫁は外資系の証券会社勤務。

旦那が死んでからおばさんの言動がおかしくなってきたと近所で噂になってたけど、
ここまで来たらなぁ…

656 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/05 16:52:27
かわいそうな子だな・・・親にも愛されてないんだろうか。
310:しろ :

2014/12/20 (Sat) 17:07:40

一つの村が全滅した話をする

1: 伝者 2014/12/19(金) 10:36:05.65 ID:Q9WITJsub BE:5249227687-2BP(0)

この話を人にするのも、書き込むのも初めてだが、
時間に余裕のある奴は聞いてくれると助かる。
文章は読みにくいかもしれないし、
見る者の殆どが釣りとかネタだろと思う内容だと思う。
なるべく皆の質問には答える予定だ。
時間が限られているので、速めの返答を心掛ける。
では、話を始めようと思う。



2: 以下、VIPがお送りします 2014/12/19(金) 10:38:00.24 ID:HTRUwnM8A

とりあえずみてみる



3: 伝者 2014/12/19(金) 10:38:06.82 ID:Q9WITJsub BE:2624613874-2BP(0)

俺はある山奥の村で生まれ育った。
人口は百人程度、村に学校は無かったから、町の小中学校まで通って行っていた。
村人の殆どは中年の大人や高齢の方で、一部の高校生や大学生の人達も村を離れている。
当時の子供達と言えば、俺と幼馴染の女子のAと男子のBの同世代のみであり、俺達より年下の村人もいなかったから、殆ど仲の良い三人で勉強をし、川遊びをし、釣りをしたりという生活を送っていた。
幼馴染のAは、俺達の中でも一番賢く、はっきり言うと美人で、超田舎にこんな子がいるのは、割と珍しい方なんじゃないか?って、一人思っていた事もあった。
神社の神主の一族で、幼い頃から巫女として育てられてきた。
幼馴染のBは、頼りがいのある奴で、遊びの予定とか内容も殆ど彼が決めていた。
ガタイが良く、豊富な知識で楽しませてくれる親友だ。
ちなみに、町の小中学校も人数が少なく、廃校寸前のような状態だった。
村は全体的に田畑、小川、空き地が殆ど。
古い歴史がある神社、池が一つ。
村人がやっている、八百屋や服屋が一軒。
この村へ行くには、人口数千人程度の町から、村へと続く道なり二十km程度の一本の山道を通る必要がある。
町から村へ行く道は、この一本の道しか無く、交通の便は非常に悪い。
山奥の村と言う事もあって、村の関係者以外の人は殆ど来る事は無い。
と、軽く村と諸々の紹介をした所で、本題に入ろうと思う。
この話は、俺が十五歳の夏、中学三年生の夏から体験した出来事。
非常に現実味の無い話だが、とある事情から、虚構を混ぜずに語る事を誓う。
説明が長いと思われるかもしれないが、なるべく分かりやすく、俺の体験を皆に知って貰う為の余計な配慮だと思ってくれ。
311:しろ :

2014/12/20 (Sat) 17:10:48

4: 伝者 2014/12/19(金) 10:39:32.46 ID:Q9WITJsub BE:1406043735-2BP(0)

まず初めに、村の行事や伝承について説明しようと思う。
特定出来る者は、この村を特定しても構わない。
しかし、俺は村を仮に特定出来たとしても、ある事情から村に行く事は進めない。
その点を、深く理解して頂きたいと思う。



5: 伝者 2014/12/19(金) 10:43:37.52 ID:Q9WITJsub BE:1124835326-2BP(0)

神社・祭り・伝承に関して
この村の神社では、数百年前から一年に一度、ある祭りが行われて来た。
この祭りの名前は、多分特定されないと思うから書き込んでおく。
村の祭りは「辿静祭」と呼ばれ、村全体規模で行われる祭りだ。
6: 伝者 2014/12/19(金) 10:45:16.51 ID:Q9WITJsub BE:2343405555-2BP(0)

八月十五日のお盆の日に行われ、村人全員が辿静祭に参加し、
村人が露天を開き、世間で言われる「盆踊り」、
この村では「鬼無踊り」と呼ばれる独自の踊りを踊ったりし、
最後は神社の巫女が「巫女神楽」、
この村では「浄縁神楽」と呼ばれる
これまた独自の神楽を舞う事によって、辿静祭は幕を閉じる。



7: 伝者 2014/12/19(金) 10:46:14.21 ID:Q9WITJsub BE:5905381379-2BP(0)

この村の村人には、辿静祭に関する三つの「禁」が伝えられており、
その禁は親から子へ、子から孫へと伝えられてきた。
俺自身も、小学生の時に両親から教え込まれ、
絶対に破ってはならないと言われてきた。
その禁の内容は、以下に書き込む。
312:しろ :

2014/12/20 (Sat) 17:13:12

8: 伝者 2014/12/19(金) 10:47:16.34 ID:Q9WITJsub BE:3749448285-2BP(0)

第一の禁・辿静祭前日である八月十四日、神主一族以外の村人は、
村の奥にある「障芽池」には近づいてはならない。

第二の禁・辿静祭当日である八月十五日、
全村人は必ず人を入れてはならず、
村人も村外の外界に必ず出てはならない。

第三の禁・八月十五日・辿静祭当日~八月二十日・辿静祭後日の間に、
この村で、村人に、知人に、家族に、自分に何が起きようとも、
その事を生涯絶対に村以外で口にしてはならない。

と言ったものだ。



9: 伝者 2014/12/19(金) 10:49:11.42 ID:Q9WITJsub BE:3374503766-2BP(0)

禁に関する質問も、答えられる範囲で答えよう。
この辿静祭に関する禁が、いつから村に存在するのかは分からないが、
村人の先祖達が子孫を思って、この禁を伝えてきた事には変わりない。
禁を破ってしまった場合どうなるか、当時の俺は知る由も無かった。



11: 伝者 2014/12/19(金) 10:50:52.39 ID:Q9WITJsub BE:1687251492-2BP(0)

第一の禁にある障芽池についてだが、
この池は村に古くから伝わる池で、
障芽池は鬼の住む巣窟に繋がっていると伝えられている。
この伝承は、障芽池の鬼伝説と呼ばれている。

障芽池の森は代々神主一族に管理されており、
神主一族以外の村人が周囲に無断で立ち入る事は禁止されている。

神主一族が管理する障芽池には、
五重の注連縄と五つの祠が存在し、
これらは障芽池を封印しているそうだ。

八月十四日は、第一の禁に従い、
神主一族以外の者は障芽池の森に立ち入る事が出来なくなる用に、
厳重に有刺鉄線で障芽池の森の周囲を覆ってしまう為、
障芽池は完全に封鎖される。



12: 伝者 2014/12/19(金) 10:52:36.53 ID:Q9WITJsub BE:2999559348-2BP(0)

>>10
読んでくれてありがとう。
ここに書き込む事は大丈夫だ。
その理由は、また後に語る。



13: 伝者 2014/12/19(金) 10:53:49.31 ID:Q9WITJsub BE:1124834562-2BP(0)

ここからは会話の場面だ。



14: 伝者 2014/12/19(金) 10:54:31.14 ID:Q9WITJsub BE:4499337986-2BP(0)

八月十日
俺達はいつものように、小川で三人で遊んでいた。
水を掛け合ったり、水鉄砲の様な自家製のおもちゃを使って遊び、
昼が過ぎ、弁当を食べ終わり、次の遊びの予定を考えていた。


  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.