都市伝説・・・奇憚・・・掲示板 4047792


怖い話投稿掲示板

1:管理人 :

2011/06/07 (Tue) 20:54:32

体験談以外の怖い話専用投稿掲示板です。
315:しろ :

2014/12/20 (Sat) 17:25:48

31: 伝者 2014/12/19(金) 11:16:17.25 ID:Q9WITJsub BE:1124834843-2BP(0)

Bが開けた穴の入り口までは、
なるべく人通りが少ない所を通って向かった。

俺「やっぱり、神主一族の人達が見回っているな」

はっきりとは見えなかったが、多くの人影が巡回しているように見えた。

B「隙を見て行こう」

A「先頭はBが行ってね、私と俺君は場所を知らないんだから」

B「分かった」

人影が穴の傍を離れた隙に、俺達は移動した。
俺は我先にと穴を潜ろうとした。

俺「おいB!、穴通りにくいぞ!」

B「潜れば行けるって」

俺は服の背中を有刺鉄線に引っ掻けながらも、穴を抜けた。

BとAも難無く穴を抜け、森の中に入った。



32: 伝者 2014/12/19(金) 11:17:59.83 ID:Q9WITJsub BE:5999117388-2BP(0)

俺「ここからどうするんだ?」

B「この森を北東に抜ければ、獣道へ出る筈だから、一先ずはそこに向かう」

A「森の中、何か不気味」

俺「ああ」

俺達は懐中電灯を灯し、獣道へ向かって歩き出した。
山の中の村に住んでいるとは言え、多くの獣が徘徊する森、
俺達は獣が動き出す夜の森に入った事が無かった。
山犬の遠吠えが響き渡り、足元には蛇や虫がたくさん。
俺とBは平気だが、Aがずっと俺の袖を掴んでいることから、やっぱり女子なんだなと思う所もあった。
歩き始めてから、軽く三十分は経ったと思う。
獣道にはまだ出ない。
33: 伝者 2014/12/19(金) 11:19:12.20 ID:Q9WITJsub BE:1874724645-2BP(0)

俺「おいB、まだ道に出ないのかよ?方向間違えて無いか?」

B「方位磁針を使っているから、そうはならないと思うが」

俺「少し見せてみ」

B「ほら」

俺「確かに、方向はあっているな」

A「大丈夫なの?」

俺「ここまで入ってきた以上、今から帰るとしても森の中で迷うだけだから、獣道へ出るまで歩くしかない」

A「そっか」

B「行くぞ」

俺達は歩きだした。



34: 伝者 2014/12/19(金) 11:20:49.46 ID:Q9WITJsub BE:5061755669-2BP(0)

と、歩き出して五分程経った時の事だった。
獣道へ出たのだ。

俺「この獣道であってたか?」

B「多分そうだと思う、時間的に」

A「どうする?」

俺「確認する為に、この先にある筈の障芽池まで行くっていうのは?」

B「だな」

A「障芽池にあまり近づかないようにね」

俺とBは、そもそも障芽池を見た事すら無く、A自身も小さい頃に一度両親と行ったきりだそうだ。
なので、障芽池に続く道かも分からなかったから、祠に行く前に確かめる必要があった。



35: 伝者 2014/12/19(金) 11:23:01.88 ID:Q9WITJsub BE:5905380997-2BP(0)

数分程度歩いた時の事

B「獣の声とかしなくなったな」

俺「確かに、山犬の遠吠えとかも聞こえなくなった」

俺「どうしたA?」

Aの元気が無かった。

A「実は、この獣道へ出た時から何か寒気がしてて」

俺「寒気、大丈夫か?」

B「上着とか、貸すぜ」

Aはワンピース姿なので、夜の夏で寒いのも無理はないと思った。

A「何かね、肌に直接くるような寒気じゃなくて、心に直接来るような寒気なのよ」

俺達はAの状態が、良くない事に気が付いていた。


  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.