都市伝説・・・奇憚・・・掲示板 4868009


怖い話投稿掲示板

1:管理人 :

2011/06/07 (Tue) 20:54:32

体験談以外の怖い話専用投稿掲示板です。
210:しろ :

2012/12/24 (Mon) 18:07:00

7:名も無き被検体774号+:2012/09/24(月) 19:32:06.55ID:vHQ+gBM/0

娘がいなくなった。

五時には帰ってくる様に言ってたんだけど、親父の飼い犬と散歩に行ったっきり、帰ってこなくなった。
あんまり遠くに行かない事を約束させて。娘を少しの間自由にさせてた俺が悪いんだけど…。
親父は、母親と嫁に近所に訪ねて、力を貸してくれる人を当たるようにお願いしてこいと言い
俺と親父は、トラックに乗り込んだ。


9:名も無き被検体774号+:2012/09/24(月) 19:34:06.15ID:vHQ+gBM/0

30分程経ち、数十人体制で捜索が始まった。
すると、予想外にも簡単に見つかった。
見つけたのは近所の人で、娘は森の入り口の小屋付近で寝てたらしい。
残念ながら、飼い犬は見つからなかった。
遅れて俺と親父が家に戻ると、嫁が娘を抱いていた。
俺自身、ブレ切れと心配でぐっちゃぐっちゃになってた。
娘を叱ろうと思ってたんだけど、寝てる姿を見て溜め息に変わった。
外傷も、衣服にも異常はなくて本当に安心した。

母親が手伝ってくれた方々にお酒と料理を出し、俺もお礼を一人一人回りながら、飲んでた。
暫く経って、娘が目を覚ました。
俺が軽く叱ると、半泣きになり、それを嫁がなだめてた。


10:名も無き被検体774号+:2012/09/24(月) 19:34:52.45ID:vHQ+gBM/0

ここからの会話は明確に覚えてる。

嫁「ちーちゃん(娘)、なんであんな所で寝てたの?」

娘「うーん…。わかんない」

嫁「ワンコは?」

娘「お猿さんが連れて行った。」

この瞬間、空気が止まった。
親父も母親も、俺たち家族以外の動きが完全に止まった。

嫁「お猿さん?」

娘「うん、お猿さんとワンコと遊んでた。」

父「どんな姿やった?? どんな鳴き声やった?? 触ったか??」

俺「おいおいおい!!」

掴みかかり、叫ぶように親父は娘に質問を浴びせていた。
娘は怯え、嫁の腕に飛び込んでいった。


12:名も無き被検体774号+:2012/09/24(月) 19:36:36.44ID:vHQ+gBM/0

父「アレがでよったかもしれん…。○○さんを呼べ…。」

親父がそういうと母親がどこかに電話をかけだした。

父「みんなはもうええ。ここからはうちの問題。有難うな。」

手伝ってくれた方々は「すまんな」「大丈夫だから」と言いながら、
ソサクサと帰って行った。
親父は猟銃を持ってくると、塩とお酒をそこら中に巻き始めた。

母「○○さん。三十分程で来てくれる!」

父「そうか…。△△(俺)、話がある。」

俺「…。」

親父が真剣な顔で話し出した。
この土地には土地神がいてるらしい。その土地神は様々な富を落とすと言われているが、いい神様ではなく、非常に残虐でもある。
動物にとり憑き、他の動物の臓物を喰い散らかすとの事…。
猿の姿で目撃される事が多いが、猪や人間も例外ではないと言っていた。


14:名も無き被検体774号+:2012/09/24(月) 19:38:04.42ID:vHQ+gBM/0

父「何にせよ、至近距離で接触し、生きていてるケースは珍しい。接触した者が生きていれば、また向こうからまたやってくる事が多い。ここ最近は見かけなくなったのに…。」

こんな事を真剣に話し出して、俺も苦笑いしてた。
嫁もどうしていいかもわからず、困っていた…。
そして、○○さん(以後、Aさん)が到着する。

見た目は品のある年配の女性で、スーツを着ていた。
親父と俺が状況を詳しく説明をする。


  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.