都市伝説・・・奇憚・・・掲示板 4025821


チベットでの拷問−電気ショック−

1:ヤマト :

2013/03/27 (Wed) 00:17:26

中国当局は電気警棒あるいは牛追い棒(写真上)として知られる新しい拷問の方法を導入した。さまざまな大きさと電力の電気棒が使われた。ある種のものは警官の装備となり、ほとんどは独立運動支持者に対して使われた。他には尋問の房に保管され、囚人たちの身体や顔を殴るのに使われたり、女性囚に対する性的暴行に使われた。膣や肛門に「電気棒」を挿入されたとの報告も数多くある。この道具は返答が間違っているとして、しばしば囚人の口に罰として入れられ、深刻な舌肥大を引き起こした。ある事例では、囚人はそれによって歯を失っている。その他、手首や親指や他の身体の1部に電気線をまかれて直に感電させられることもある。ショックを増大させるために、囚人たちに水がかけられることもある。こうした電気ショックによる打撃は一般に非常に深刻で、体内の傷害や精神傷害につながることも多い。ガンデン・タシィとしても知られる
ルンドゥップ・ガデン は、88年から政治囚として3年間収容された。彼は電気警棒をもっとも過酷な拷問としている。
TCHRD(チベット人権・民主センター)1999年発行
2:ヤマト :

2013/03/27 (Wed) 23:27:06

>☆NHKは特亜三国に対して何があろうと批判せず、
> そして日本人に妙な贖罪感、閉塞感を与え、
> 特亜から見た歴史認識をそのまま報道をし続けています。
> 非常に緊密な関係が下記からも見て取れます。
>☆3社(NHK・CCVT・KBS)の日本住所
>・日本NHK(放送センター)
> 住所:東京都渋谷区神南二丁目2番1号
>・中国中央電視台(CCTV/中華人民共和国の国営テレビ局)・日本支局
> 住所:東京都渋谷区神南二丁目2番1号NHK放送センター内
>・韓国放送公社(KBS/韓国の国営放送)・日本支局
> 住所:東京都渋谷区神南二丁目2番1号NHK 東館
>☆NHK海外支局所在地
>・NHKの北京支局は中国・中央電視台(CCTV)ビル内にあり、
>・NHKのソウル支局は韓国・韓国放送公社(KBS)内にあるのです。
3:ヤマト :

2013/04/04 (Thu) 02:46:48

中国船、ベトナム漁船に発砲=「主権侵害」と抗議―ベトナム外務省 時事通信 3月26日(火)12時18分配信
 【ハノイAFP=時事】ベトナム外務省報道官は25日、中越両国が領有権を争う南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島周辺で20日、中国船がベトナム漁船に発砲したと発表、ベトナムの主権に対する「深刻な侵害だ」と抗議した。
 報道官は声明で、漁船は中国船に追跡された後、発砲を受け船室が炎上したと主張。中国側に「不正で非人道的な行為」に対する調査と補償を要求した。中国船の所属などは明らかにしていない。
4:ヤマト :

2013/04/13 (Sat) 22:52:34

<<チベット人の女性がンガバで焼身抗議、死亡者109人に達する>> 2013年3月19日ダラムサラ:チベット人女性が一人、中国の抑圧的な統制に抗議の為に自ら焼身をしたことにより、チベット内での全体の焼身抗議者が109人に達した。その数は今年だけで13人にも及ぶ。そのうち91人が死亡した。30歳の一児の母親、クンチョク・ワンモは、自ら焼身をし、チベット東部のンガバ地方のゾゲ群のタクサ村で先週の水曜日(3月13日)に死亡した。政府は、内密に彼女の遺体を火葬し、遺族に遺灰を渡した。メディアによると、彼女の夫のドルマ・キャブは、妻の身内の不和があった容疑を否定したとして、政府により拘留された。先週の土曜日には、ンガバ村のキルティ僧院の僧侶である、28歳男性ロブサン・トクメも焼身抗議により死亡した。仲間の修行僧は、彼を近くの病院へ搬送したが、病院で死亡が確認された。その後すぐに大人数の警備員が病院に駆けつけ、彼の遺体を処分した。ロブサンは、僧院へ幼い頃から入り
、素晴らしい行動と勉学に対する勤勉さは、多くの人を感心させた。彼の遺族は、彼の両親のロットゥクとデポ、そして姉一人と三人の兄弟が残されている。中央チベット政権が法要を実施
中央チベット政権は、水曜日(3月20日)に、ダラムサラの中央寺で法要を実施することにしている。その目的とは、クンチョク・ワンモやロブサン・トクメなど焼身抗議した者や、チベット内で悲惨な拷問や監禁をされている人々を含めてチベットの結束を呼び起こすというものである。中央チベット政権が極端な行動に出ることを抑制しているにも関わらず、焼身抗議は続いている。焼身抗議者は皆、チベット人の自由・解放とダライ・ラマ法王の帰還を要求している。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.